ZEHについて

いま建てるなら 2020年の省エネの家

平成29年度ZEHビルダー実績報告

(株) 大安ハイムでは、経済産業省の推進する住宅のゼロエネルギー化、

ネット・ゼロエネルギー・ハウス(ZEH)支援事業において、「ZEHビルダー」

として承認登録され、ZEH普及に努めています。


ゼロエネルギーで、暮らそう

平成28.29年度ZEHビルダー実績報告及び平成32年度までの目標

  H28年度 H29年度 H30年度 H31年度 H32年度
目標 実績 目標 実績 目標 目標 目標
ZEH受託率 30% 40% 40% 50% 50% 55% 60%


省エネラベルBELS取得実例

注文住宅では

建売住宅では


未来を先取りしています。

私たちは、すでに“2020年の省エネの家”をはじめています。

2020年にスタートする、新築住宅の「省エネルギー基準適合住宅の義務化」。
それを私たちは先取りし、2020年レベルに対応可能な住宅をいち早くお客様にご提案いたします。


すべての新築住宅が新基準に
すべての家が同じ基準で建ってるわけではありません!!私たちの家は2020年になっても基準外になることはありません。

今建てようとしている家が2020年になった時点で、
“基準外”になる可能性があるってホント!?

現在、新基準を満たしていなくても問題のない住宅が、2020年になった時点で基準外になる可能性はもちろんあります。
2020年レベルに対応可能な住宅がどうか、よく確かめてください。

2020年に義務化される理由

住宅ストック約5,000万戸の断熱性能


住宅の約95%が、十分な省エネルギー性をもっていません。

省エネルギー性能が高い住宅の割合を高めることが、
国においても重要な課題になっています。



“2020年の省エネの家”は、

エネルギーのムダづかいをやめて暮らしを快適にする家です。

省エネの家を「建てるメリット」「暮らすメリット」が、たくさんあります。


冬は寒さを、夏は暑さを
軽減して、お部屋を快適に!!

暑さや寒さを抑える対策があれば、
家の中をさらに快適にすることができます。

ガマンしないで光熱費をムリなく節約!!

節水・節湯がムリなくできれば
水道代やお湯を沸かすエネルギーも自然に節約できます。

優遇金利で住宅ローンがお得

月々の返済額、支払い総額で大きなメリットがある”優遇金利”が適用になります。

太陽光発電でローンの負担を軽減!!

家で使う電気を太陽光発電でカバーすれば、その分の大きなゆとりが生まれます。


さらにお得で快適な、“省エネの家づくり”は、私たちにおまかせください。

未来の省エネを先取りすればさまざまなメリットが生まれます!!エネルギー消費量を抑えて、快適な暮らしも実現出来ます!!

お借入金利が当初10年間・年0.6%の引き下げ、フラット35・S(金利Bプラン)の場合、お借入金利が当初5年間・年0.6%の引き下げが適用になります。この優遇金利を利用するためには、フラット35の技術基準も満たし、省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性、可変性のいずれかの技術基準も満たす必要があります。(2015年1月28日現在)


ZEH  ネット・ゼロ・エネルギーハウスに取組んでいます。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは、1年間の消費エネルギーより住宅でつくったエネルギーのほうが多い、または差がゼロになる住宅のことです。

まずは住宅の性能によって消費するエネルギーを減らすこと。つぎに消費したエネルギーと同等のエネルギーを造り出すこと。それによって1年間の消費エネルギーをゼロ以下とするものです。

私たち㈱大安ハイムは、2020年までに建築するすべての住宅(建売・注文)の50%以上をZEH対応住宅とすることを目標としています。


国からZEH支援補助金70万円が交付されます。

国は2030年までにすべての新築住宅の平均でZEHの実現を目指すため、年間一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅を新築(建売購入・リフォーム)する所有者に補助金を交付するものです。

事業期間内において、国の予算状況や申請、申込み、完成の時期によっては受けられない場合があります。詳しくはご相談下さい。



住宅の省エネ・省CO2化に向けた経済産業省、国土交通省、環境省による3省連携の取り組み

 国土交通省 

さらに省CO2化を進めた先導的低炭素住宅
(ライフサイクルカーボンマイナス住宅(LCCM住宅))
2018年度予算案/102億2100万円の内数

ZEHに対する支援

 経済産業省 

将来のさらなる普及に向けて供給を促進すべきZEH
※より高性能なZEH(ZEH+)、建売住宅、集合住宅(高層)
2018年度予算案/600億4000万円の内数

 環境省 

引き続き供給を促進すべきZEH
※注文住宅。集合住宅(中低層)
2018年度予算案/85億円の内数

 国土交通省 

中小工務店が連携して建築するZEH
※ZEHの施工経験が少ない事業者に対する優遇
2018年度予算案/115億円の内数

省エネ性能表示(BELS)を活用した申請手続きの共通化/関連情報の一元的提供

我が国では、エネルギー基本計画(平成26年4月閣議決定)において、「住宅については、
2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH※の実現を目指す」とする政策目標を設定しており、
地球温暖化対策計画(平成28年5月閣議決定)においても同様に政策目標を設定しています。
経済産業省・国土交通省・環境省は連携して、住宅の省エネ・省CO
2化に取り組み、ZEHを実現することを目指します。

※ZEH:外皮の断熱性能などを大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内空間の室を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、
再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅


戸建住宅と集合住宅の省エネ・省CO2化に向けた3省による支援制度

区分 LCCM(エルシーシーエム)住宅
ZEH+(ゼッチプラス) ZEH(ゼッチ) ZEH(中小工務店)
担当省庁
-----------
補助事業名称

国土交通省

-----------

サステナブル

建築物等先導事業

経済産業省

-----------

ZEH+

実証支援事業

経済産業省

-----------

分譲建売住宅における

ZEH実証支援事業

環境省

-----------

ZEH等による

低炭素化促進事業

国土交通省

-----------

地域型住宅グリーン化事業

対象となる住宅 ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅※1 注文戸建住宅および分譲建売住宅における、より高性能なZEH(ZEH+) 分譲建売住宅におけるZEH 注文住宅におけるZEH ZEHの施工経験が少ない事業者の建てるZEH

Z

E

H

一次エネルギー消費性能 太陽光を除く一次エネルギー消費量が省エネ基準の▲20% 太陽光を除く一次エネルギー消費量が省エネ基準の▲25%
太陽光を除く一次エネルギー消費量が省エネ基準の▲20%
太陽光を除く一次エネルギー消費量が省エネ基準の▲20%
外皮性能 強化外皮基準 強化外皮基準(その他の要件などで「外皮性能のさらなる強化」を選択した場合を除く) 強化外皮基準 強化外皮基準
創エネ量 太陽光発電などにより正味ゼロエネルギーとなる
太陽光発電などにより正味ゼロエネルギーとなる 太陽光発電などにより正味ゼロエネルギーとなる 太陽光発電などにより正味ゼロエネルギーとなる
その他の要件など ・LCCO2評価の結果が0以下となるもの
・CASBEE B+ランク以上、または長期有料住宅認定されたもの
Nearly ZEH+※2
(寒冷、低日照、多雪地域)も可
Nearly ZEH+※2(寒冷、低日照、多雪地域)、
ZEH Oriented※3(都市部狭小地)も可
木造住宅に限る
集合住宅も可
以下のうち2つ以上を実施
・外皮性能のさらなる強化
・高度エネルギーマネジメント(HEMSなど)
・電気自動車への充電
一定棟数以上束ねた広報活動をBELSを用いて行うこと 中小住宅生産者、木材、建材流通などの関連事業者からなるグループによる応募
分譲建売住宅については、一定棟数以上束ねた広報活動をBELSを用いて行うこと
補助額 上限125万円/件
かつ、掛かり増し費用の1/2以内
定額115万円/件
蓄電池3万円/kWh
(上限45万円かつ、補助対象経費の1/3)
定額70万円/件
蓄電池3万円/kWh(上限30万円かつ、補助対象経費の1/3)
上限140万円/件(施工経験4戸以上の事業者は125万円/件)
かつ、掛かり増し費用の1/2以内
右記、環境省の「定額加算※※」について併用可 右記、環境省の「定額加算※※」について併用可 定額加算※※:低炭素化に資する素材を一定量以上使用し、また先進的な再エネ熱利用技術を活用する場合、上限90万円/戸を加算 地域材の活用、三世代同居などは補助額加算あり
募集開始時期 4月下旬ごろ 4月ごろ(注文戸建住宅)
6月ごろ(分譲建売住宅)
6月ごろ 5月下旬ごろ(1次) 4月下旬ごろ
採択時期 7月ごろ(事前枠付与方式※5 5月ごろ(注文戸建住宅)
7月ごろ(分譲建売住宅)
いずれも事前枠付与方式
7月ごろ 申請から約1ヵ月後をメドに順次(先着順※6 7月ごろ(事前枠付与方式)

※1 LCCM住宅:建設時、運用時、廃棄時における省CO2の取り組みや再生可能エネルギーの創出により、ライフサイクルを通じてのCO2の収支をマイナスにする住宅

※2 Nearly ZEH+、Nearly ZEH、Nearly ZEH-M:再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から75%以上100%未満の一次エネルギー消費量を削減(他の用件はZEHと同様)

※3 ZEH Oriented、ZEH-M Oriented:再生可能エネルギーを加味しない(他の要件はZEHと同様)

※4 ZEH-M Ready:再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から50%以上75%未満の一次エネルギー消費量削減(他の要件はZEH-Mと同様)

※5 事前枠付与方式:事業者は建築予定戸数を提案し、採択された戸数の範囲内で要件を満たす住宅に対して補助を受ける

※6 先着順:事業者は建築主の決まっている住宅について応募し、要件を満たしていれば先着順に採択される